二ムにささげる手紙

「二ム」とは韓国語で「あなた」の敬称です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Seoul Photo Festival 2015@Buk Seoul Museum of Art, Korea

Bukseoulmuseum_700pix.jpg
25일부터 북서울미술관에서 전시중입니다.
25日から独立70周年をテーマとしたSeoul Photo Festival 本展示がソウル市立北ソウル美術館にて開催中です。私は展覧会の最後のセクションで2001年から制作してきた在日シリーズの集大成であるphoto installation を出品しました。17名のアーティストの作品が展示されています。
http://sema.seoul.go.kr/global/information/information_5.jsp
https://www.facebook.com/seoulphotof/?fref=photo
スポンサーサイト
  1. 2015/11/29(日) 05:37:30|
  2. 二ムにささげる手紙
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国立現代美術館コヤンレジデンシーのオープンスタジオに参加します! 6-8 Feb 2015

1年間滞在した韓国国立現代美術館コヤンレジデンシーを出る時期が近づいてきました。
2014年の作業を中心に21人のアーティストがスタジオを公開して作品を披露します!
会期中はソウルからシャトルバスが運行されます。
2月6日~8日に韓国にいらっしゃる方は、是非お立ち寄り下さい。

20150206_openstudio_01.jpg

Date: 6 - 8 Feb 2015
Venue: The National Museum of Modern and Contemporary Art Residency Goyang
Address: 59-35 Gogol-gil, Deokyang-gu, Goyang-si, Gyeonggi-do (Postal code: 412-804)
Website: www.mmca.go.kr
Opening: 6 Feb 17:00
Open hour: 6 Feb(13:00 - 20:00), 7-8 Feb(12:00 - 18:00)

韓国国立現代美術館のアーティスト・イン・レジデンス・スタジオであるコヤンレジデンシーは、開館10周年を迎えた昨年に続き、10回目のオープンスタジオ『オープンスタジオ10』を2月6日~2月8日までの3日間開催する。オープンスタジオは入居期間創作活動の結果を公開するコヤンレジデンシーで例年行われる行事である。毎年現代美術の果てしない可能性を見せ、コヤンレジデンシーの年中最大の行事として位置付いたオープンスタジオは入居作家がレジデンシー活動期間中の多様な努力の結実と悩みの痕跡を大衆に紹介する意義深い行司である。

今回の『オープンスタジオ10』では開幕式をはじめ、参加アーティストの展覧会を含むパフォーマンス、ラウンジ、イベントなど多彩な観覧客の参加プログラムはもちろんのこと、コヤンレジデンシーの10周年記念出版物アーカイブ展まで準備されている。開幕式では入居作家(차지량 CHA Jiryang)のパフォーマンスが行われ、展示期間中コヤンレジデンシーラウンジにて入居作家の展覧会図録が紹介される予定である。また、展示期間中観覧客の便宜のため国立現代美術館ソウル館から(オープニング当日)、3号線 舊擺撥(クパバル)駅からコヤンレジデンシーまでのシャトルバスを運営する。
- 国立現代美術館コヤンレジデンシー
  1. 2015/01/25(日) 23:16:00|
  2. 二ムにささげる手紙
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Galleria H.(台北)に作品を出品中の展覧会がTAIPEI TIMESに掲載されました! 25 Jan 2015


Curating cross-cultural identity
TIPEI TIMES P12, Taiwan, Sun. 25 Jan 2015
text by: Dana Ter
web: http://www.taipeitimes.com/

20150110_GalleriaH0008.jpg
  1. 2015/01/25(日) 18:55:34|
  2. 二ムにささげる手紙
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

我不屬於 I don't belong, Galleria H., Taiwan, 10 Jan - 15 Feb 2015

700pix_我不屬於ADV rev ii


台北にあるGalleria H. のグループ展に出品中です。以下、展覧会詳細です。
installation view - www.kiminsook.com
Date: 10 Jan - 15 Feb 2015
Venue: Galleria H.
Address: No.12-1, Ln. 58, Sec. 1, Xinsheng S. Rd., Zhongzheng Dist., Taipei City 100, Taiwan
Website: www.galleriah.com
Artists:
區秀詒 / AU Sow-Yee (MY/TW), 金仁淑 / KIM insook (JP/KR), 李若玫 / LEE Jo Mei (TW), Tayeba Begum Lipi (BD), Typokaki (MY), 吳佩珊 / WU Pei-Shan (TW)
Curator: Nobuo TAKAMORI (TW/JP)
  1. 2015/01/10(土) 22:24:26|
  2. 二ムにささげる手紙
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旧正月

今日は旧正月なので、今年の制作への意気込みを込めて遅ればせながら新年のご挨拶を申し上げます。
2014年は森美術館での企画展や、大阪での個展など久しぶりに日本での展覧会を開催する予定です。
2014年がみなさまにとって良い年になることを願っています。
今年も、よろしくお願いいたします。

사이에서 SAIESEO(サイエソ): between two Koreas and Japan

20140131_AMI_77pix.jpg
The first year, 2014

20140131_INSOOK.jpg
Dad and I, 2010

2014年の初撮影はサイエソのシリーズから。
5年前この世を立った生命の血筋が、同じ場所に座り1歳を迎えた。
韓国では1歳のお祝いをトルチャんチとよび、写真は姪っ子の撮影から。


テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/01/31(金) 10:17:25|
  2. 二ムにささげる手紙
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

展覧会を共にしてくださる、みなさまに感謝いたします。

作家の領域は作品を作ることだけでなく展覧会や出版という形で発表することだと思っています。
2002年の初個展から今まで、多くの人に支えられながら発表してきました。
今年も発表の機会をたくさん頂いていますが、いつも一人ではなく多くのみなさまが応援し、共にして下さっています。
素敵な出会いに、感謝し、10月にソウルで行われる個展に向けて、引き続き制作に励みたいと思います。

설치풍경모음

写真は現在展覧会期中のトンガン国際写真祭、ヤングアーティスト展の設置風景。
韓国で最も長い歴史を持つphoto festivalのヤングアーティスト展に選ばれたことを祝うため、ソウルから多くの友人たちが遠方まで駆けつけてくれました!

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/07/26(金) 10:50:54|
  2. 二ムにささげる手紙
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

06/14 ムーダン寺『青龍寺』2

090614シャーマン01

090614シャーマン02

090614シャーマン04

090614シャーマン05

090613シャーマン09

090614シャーマン03

   090614シャーマン06

   090614シャーマン07

090614シャーマン08


14日。いよいよクッ(お払い)が始まった。
この日は、ずっと体の調子が悪くてどの病院で検査を受けても異常なしと診断された26歳の女性がクッを依頼した。
彼女が雇っていた部下が交通事故で亡くなり、その霊が彼女から離れないらしく霊を無事あの世へ送るための儀式が始まる。

金蘭将軍は12人の神霊を自分の神としており、もう一人男性のムーダンを呼んで順番に神霊と更新する。神霊や子孫の霊に変わるたびに衣装を変えた。

依頼者の過去が神霊によりすべて赤裸々と語られる。
子供を下ろした事実、行方不明の母親の居場所、刑務所にいた父、父の借金で苦労した彼女の人生・・・
依頼主に話を聞いたところ、ムーダン金蘭将軍にはそういう詳しい話は話していなかったという。

間あいだに私とディレクターにもお告げがあった。
二人ともいい事しか言われなかったが、依頼主はコテンパンに言われていた。

一人儀式が終わると、一休みしてまた始まる。
朝から夜の8時まで、長時間にわたってクッが行われた。

クッをみに村から観衆も集まってくる。
観衆も巻き込んでの大パフォーマンスが行われるのである。

とびいりの観客がムーダンに相談を持ちかけたり。
また、ムーダンが急に観衆に喝を入れたりもする。

金蘭将軍は、クライマックスのチャットゥッ(刀に乗る将軍霊のお払い)の将軍霊が降りてきた時が一番占いが当たるらしい。この日も所見の飛び入り客の夫婦がダンスホールでであったこと、そこにまだご主人が通っていること、そしてその入場料が3000ウォンであることなど、みんなを驚かす当たり具合。

刀にのるチャトゥッは将軍霊が降りてくる人のみが行えるお払いで、かなり鍛錬されていないと怪我をして死ぬ人もいるらしい。
前日ご主人が研いでいる刀も触らせてもらったが、あの刀に乗って平気な金蘭将軍の将軍モードは鬼気迫るものだった。

将軍の神霊モードの金蘭将軍が上る階段には米がしかれている。
クッが終わったあと、依頼主と見に来た観衆にお供えを分けて持たしてくれるのだが、
このお米は神霊が触れたとてもありがたいお米だからと、私にも一つ持たせてくれた。
ソウルに戻り、今日からそのお米を頂いている。

写真の楽師がご主人のぺクさん。
サギ師のようなエセムーダンが多い中、彼女に出会った彼は彼女の真剣な努力と能力を実際に目の当たりにしており、彼女の側に居れること自体がありがたい事だと話す。
みんなに細かい気配りを欠かさない人だった。
彼の笛により金蘭将軍のモードは更に高まっていく。

  1. 2009/06/26(金) 21:28:35|
  2. 二ムにささげる手紙
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。